白馬村にある人気のスキー場

白馬村は長野県北西部に位置する市町村で、村内にある八方屋根スキー場は国内最大級の規模を誇っており、1998年長野オリンピックの会場に選ばれた過去があります。

白馬のスキー場は、日本人よりも韓国やオーストラリアといった海外からの観光客が多いです。日本人もそれなりにいて初心者から上級者まで楽しめるのは、白馬五竜スキー場&Hakba47ウィンタースポーツパークと言われています。

 

冬季営業期間は例年だと12月上旬から翌年5月上旬なので、約半年間は滑ることが可能です。多彩なコースや充実した施設を備えるなど、国内外から訪れる観光客に楽しんでもらえるように様々な工夫を施しています。Hakuba47ウィンタースポーツパークや他のスキー場へ行くには、宿泊プラン付きバスツアーをおすすめします。

白馬村の近くには北陸新幹線の停車駅で知られる長野駅がありますが、人数が多ければ多いほど新幹線の乗車料金も発生するので、バスツアーの方が費用を抑えることができます。さらに、板やストックなど必要な物をレンタルできるため、初めてスキーやスノボにチャレンジする方でも手ぶらで参加することが可能です。

いずれのツアーにも滞在日数に応じてリフト券が無料で貰えるので、現地に到着してから窓口に並んで購入する手間を省けます。宿泊プラン付きバスツアーに参加するのが難しいという方は、関東や東海地方に住んでいることが条件ですが日帰りプランも用意されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *