飛行機でスノボに出掛ける時のポイント

東京や大阪などから北海道へのルートの定番と言えば飛行機です。大阪から千歳空港までは約1時間50分、1日当たり20便以上の運航と言われています。

一方、東京の羽田空港から千歳空港までは約1時間半、1日当たりの運航数は大阪からの便とそれほど変わりません。スキーやスノボを楽しむ人の中には北海道のパウダースキーに憧れを持つ人も多いかと思われますが、千歳空港からゲレンデまでの交通ルートを確保しておけば、早朝出発便を使えば1日たっぷり北海道でのスノーボードを楽しめます。

飛行機は格安航空券や格安航空会社を使う事で費用を節約出来る便利な時代です。早割などを使うと通常よりも安い料金で飛行機が使えます。早めにスノボの計画を立てておけばよりお得なスノーボードやスキー旅行を楽しめるメリットがあるわけです。

ツアーを使えば普通に飛行機や宿泊施設の予約を行うよりも低料金でスノボを楽しめますし、予約は旅行会社でツアーの申し込みを行えば、交通機関やホテルなどの予約はツアー会社が行ってくれるので便利です。仕事などの都合で中々予約が出来ない人も多いかと思われますが、ツアーの申し込み方法の中にはネット予約もあるので、こちらを利用すると良いでしょう。

ツアーの場合、飛行機の出発時刻がある程度限定されてしまいますが、限定されている中でも午前11時頃出発などの時間帯は料金が安くなっています。そのため、時間に余裕がある時などはお得な料金でスノボに出掛けられるメリットがあるわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *