スノボバスツアーを旅行代理店で申し込んだ場合の流れ

冬の時期になるとスノボに出かける人も多くいますが、旅行代理店がバスツアーを主催しており、誰でも気軽に利用することができます。

基本的な流れとしては、数あるパンフレットの中からゲレンデやバスの発着場所、ホテルやロッジ、ペンションといった宿泊施設等を考慮し気になった内容のものを窓口に持っていき、申し込むことになります。

もちろんバスや宿泊施設の予約状況によっては予約ができない場合もありますので、その際には違うバスツアーを利用したり、日程を調整することになります。窓口ではバスの発着場所、宿泊施設、道具のレンタル、リフト券等を申し込むことになります。

道具を自前で用意できる場合は道具レンタルを断ることも可能で、バスにスノボを載せる手続きをする等、そうした細かな調整をすることになります。内容が決まればその場で予約が完了し、その場で見積りを作成してもらい、支払いとなります。バスや道具レンタル、リフト券等のチケットや引換券はその場で発行してもらえます。

そして当日は、バスが出る場所に赴き、チケットを渡して乗り込みます。ゲレンデに到着したら受付に行き、旅行代理店で受け取った引換券を用いてリフト券や道具のレンタルを行うことになります。現地での支払いはあまりないので、大金を持ち歩く必要がありません。

このようにスノボはバスツアーを利用することで誰でも気軽に利用することができる上、価格も抑えることができます。手間もさほど多くないので、若い世代に人気があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *