これからの日本のホテル業界を担う者とは

数ある接客業の中で、接客の最高峰と言われているのがホテルであると言われている中、そんなサービス業界を担う逸材を育成する場として「ホテル学校」があります。

日本や世界各国に点在しており、その卒業生の多くが世界の有名ホテルや旅館への就職を果たし日々ホスピタリティを発信し続けています。彼らは、その学校でレストランサービス、フロント実習、英会話、敬語の使い方など接客サービスに関する様々な知識を身に付け、学校によっては生徒がインターンシップとして実際に有名ホテルや旅館の現場にはいり卒業後の接客業界の就職に有利になるよう教育を施されていくのです。

そのため、就職後は即戦力となり現場で活躍する者も多く、卒業生の中には講師として学校の生徒に教育を受けさせる側になるということもあります。そして生徒はそんな卒業生に憧れ、自身をレベルアップする意欲がわくようです。

実際に就職した際に上司や先輩に学生時代の先生がいるということが心強くもあることでしょう。ただし、就職後の道は楽なものではありません。1日の労働時間は大体休憩を挟んでも10~12時間程と長く、接客ですので常に姿勢を正した状態でお客様に目を配っている状態が続きます。

精神的にも肉体的にも非常に疲れる仕事なのです。ですが、お客様を常に見ている分「さすが○○ホテルね」「こんなことまでしていただいて有難う」などお客様の笑顔を見て温かい気持ちになれるという最大の美点があります。そんなお客様に感動と笑顔を作りお届けする仕事を志す学生達をこれからも温かく見守ってあげたいものですね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *