スノボのバスツアーの特徴とは

スノボのバスツアーに行く場合には、個人で計画を立てて行くよりもずっと安く行くことができます。

個人で自家用車を使って都心部から近県のスキー場まで行く場合には、高速道路だけで往復8000円ぐらい、ガソリン代に4000円ぐらい、宿泊費でひとり8000円ぐらいとしても2万円はかかります。2人で行く場合でも合計で3万円はかかります。さらにリフト券を購入するとひとり4000円ぐらいするため、合わせて4万円近くの出費を覚悟しなければなりません。ところがスノボのバスツアーの場合には2人で行く場合でも2万円台の出費で抑えられるのです。

このようにスノボバスツアーと個人で行く場合とではかなりの価格差があることがわかります。スノボバスツアーは金銭面で大きなメリットがあるということができますが、価格が安い分どこかで我慢をしなければならないこともあります。例えば、バスツアーで行くことで、出発時間を選ぶことができない点は我慢をしなければならないことです。会社勤めをしているのであれば、バスの出発時間によっては早めに退社しないといけない場合があります。

また、集団で移動するため、行きたいサービスエリアに立ち寄ったり買いたいお土産を買うこともできません。また、現地に到着してレンタル板を借りる場合には、100人ぐらいがレンタル小屋に殺到するためなかなか借りることができず、借りるまでに1時間ぐらいかかることがあります。ただ、このように我慢を強いられる場面があったとしても、価格の魅力は大きいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *