日帰りのスノボは夜行バスを利用して

日帰りのスノボというのは慌ただしいもので、ゲレンデに着いたと思ったらすぐに帰りの時間になってしまうということがあります。

しかし、朝早くから出発をすれば体力的な負担も大きく帰りのことを考えると大変です。そこで、日帰りのスノボを楽しむのであれば夜行バスを利用すると負担を軽減することができます。寝ている間に目的地につくことができますから、行きの移動の負担を最小限に抑えることができます。朝早くにゲレンデに到着をすることができるので、滑る時間も多く着いたと思ったらもう帰る時間だったという事にもなりません。

丸一日滑りを堪能した後はまた同じようにバスに乗って、寝て起きたら帰ってくることができますから、長距離のバス移動は疲れがたまるといっても完全にその日の内におさめる日帰りから比べれば大分楽にスノボを楽しむことができます。そのため、金曜日の夜にバスに乗って土曜日をまるまる一日滑りに費やして、日曜日の朝には帰って来るということができます。日は跨いでいますがその大半は移動時間であり、実質日帰りでスノボをすることができるので宿泊費などの金銭的な負担もそれほどかかりません。

また、2連休があれば夜行バスを利用していくことができるのであまり休みを取ることができないという人でも無理なく、ゲレンデに行くことができます。このように移動の負担を最小限に抑えることができるので、日帰りのスノボを計画しているなら夜行バスを利用してみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *