ビジネスクラスのツアーはラウンジが楽しみ

海外ツアーではエコノミーが基本ですが、ビジネスクラスを利用するツアーもあり、その場合に空港ではラウンジを利用することができます。

ツアーではこのラウンジを利用するのが楽しみという人もいるかもしれません。国際空港のビジネスクラスラウンジでは、思い思いの方法で出発までの時間を過ごすことができるようになっています。航空会社や空港によっても設備は違いますが、おおよそ、軽い食事、アルコールも含む飲み物、ゆったりしたソファー、新聞や雑誌などの読み物、シャワー、マッサージチェアといったあたりが一般的です。

食事に関しては、一部の例外を除いては、そこまで期待してはいけません。国内シティホテルの朝食バイキングのほうがよほどレベルが高いです。しかしながら、ビジネスホテルのバイキング程度のものは期待してもよいでしょう。東京成田空港や羽田空港を例にとれば、おにぎりや巻き寿司、サンドイッチ、デニッシュ、サラダ、カレーライス、うどんやそば、味噌汁、それにチーズやちょっとしたデザートくらいのものはあります。

飲み物に関してはまあ文句はないところでしょう。ビールを始めとする各種アルコール飲料、ソフトドリンクが充実しています。海外の空港では特に力を入れていて、バーカウンターのあるラウンジも珍しくありません。ソファーや読み物は定番ですが、混雑時はさほどゆっくりできないかもしれません。それでも何とか配置を工夫して少しでもリラックスできるように考えられています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *