奈良県の吉野川は関西のラフティング

奈良県から和歌山県にかけて流れる川は紀の川と呼ぶ河川です。

紀の川は奈良県の中では吉野川と呼ばれており、地域に応じて呼び名が変わる特徴を持っています。吉野川と呼ばれている理由の中には、奈良県南部の地名でもある吉野に因んでいるためで、吉野川と呼ばれているエリアは流れが比較的速く、関西エリアのラフティングスポットになっている場所もあります。関西のラフティングは大阪からの日帰りができる吉野川が良いと考える人も多く、初めての人でも自然美を楽しみながら豪快なアクティビティー体験ができる魅力もあるわけです。

ラフティングと聞いた時に、急流の中でも激流に近い場所をボートが進む、途中には大きな岩もあるので危険などの印象が強くあります。水量が少ない時には大きな岩だけでなく、普段水面下にある岩も露出するので危険を伴いますが、ある程度の水量がある時であれば安心して川下りを楽しめます。

ちなみに、関西エリアには京都府の保津川でもラフティングができますが、関西からのアクセスは同一エリア内にある奈良県の吉野川の方がアクセスがしやすいと考えている人は多いようです。但し、京都の保津川は関西の中では激流の河川でもあり、より豪快なアクティビティー体験をしたい人は保津川、ゆったりとした流れの中で、時折出現する急流ポイントもある流れを楽しみたい人は吉野川など、いずれも日帰りで出掛けることができるので、ニーズに合うラフティングができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *