スキー旅行と出発時間の違い

旅行代理店で募集されているスキーパックのような旅行商品は、集合場所からの出発時間によっても種類が分かれます。

日帰りの日程になっている場合はまず朝方の出発ですが、それ以外の宿泊をともなうものであれば、朝方と夜間の両方のパターンがみられるのが普通です。このような時間の違いは現地における滞在のしかたにも影響を与えることがありますので、よく考えた上で選択するのが適当です。バスや電車を利用し、朝方に出発するスキー旅行の場合であれば、通常は昼ごろに現地のゲレンデに到着することになります。

この場合は昼食を食べて午後からスキーを楽しみ、夕方にホテルに移動して、それ以降はホテルの居室内で過ごします。翌日以降は帰宅の時間が来るまでは自由時間ですので、思い思いに楽しむことができます。場合によってはゲレンデには行かずにホテル周辺の温泉めぐりをしたり、観光名所を散策したりといった過ごし方も可能です。

夜間の出発の場合には、バスで高速道路を通って翌日の朝方にゲレンデに到着というパターンが多いといえます。これはいわゆる夜行バスということになりますので、移動中のバスの車内で車中泊をとり、到着後は朝食ののちに朝からゲレンデで滑るといった過ごし方になります。このパターンであれば本来は現地のホテルで宿泊をするはずの部分を車中泊で済ませることになり、しかも車中泊は移動の時間を活用していますので、かなり時間的なロスが省けることになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *